トップページ
店舗で販売の商品
店舗でレンタルの商品
着物TPO
着物マナー
着付け出張サービス
着物と帯のたたみ方
着物が汚れた時
着物の寸法直し
 
 
ゆかたの着付け
当店からのDM
メールのアイコン(ピンク)
 


 家紋(かもん)は、自らの家系、血統、家柄、地位を表すために用いられてきた紋章です。
単に紋所(もんどころ)や紋とも呼ばれ、日本だけで240種、5000紋以上の家紋があります。
 物部氏・大伴氏・藤原氏・橘氏・平氏・源氏の頃に何千という名字が生まれ、その後次第に
 家紋が用いられ始めました。
  家紋が生まれて間もない平安・鎌倉時代には、家紋の種類や形は多くありませんでした。
 後の江戸時代には、美しくて人気のある家紋や、描きやすいシンプルな図案の家紋が
 好まれました。
 結婚式に参列の女性が着用する留袖には、実家の家紋を入れますが、女紋を継承している時は、
女性にふさわしい優しい感じの女紋を入れます。
 家紋は度々、人から人へ譲渡の対象になっています。例えば、皇室の家紋である菊花紋章
(菊紋)が挙げられます。天皇は功績のある者へ、例えば豊臣秀吉などに授けています。
  またさらに、天皇から授かった桐紋などを将軍等の有力者が、功績のあった優秀な家臣や家
 来に授けることもあり、その習慣は室町時代まで遡り、足利義満が細川頼之に自身の家紋を
 贈紋したことから始まったといわれています。
 こうした上位の者が下位の者へ家紋を下賜することを「賜与(しよ)」と言い、授かった家は一
 家の大名誉として喜んだといわれ、与えられた紋を拝領紋と言います。その逆で、家臣の家
 紋を主君が用いることを「召し上げ」といい、家臣である本多家または酒井家の家紋を主君で
ある松平家が譲り受けたといわれる「三つ葉葵」の例があります。
以下に家紋をいくつか紹介させて頂きます。
 

着物が人を惹きつける理由 | 振袖選びには色が持つ効果も考えよう | 着物レンタルのメリット | 七五三のお祝いをするのはなぜ? | 健康や美容に良い影響となる着物
卒業式に女性が袴を着るようになった理由 | 振袖に描かれている柄にも意味がある | 着物の帯の種類について | 福徳と知恵を授かる十三参り | 季節に合わせた着物の選び方

大阪、平野区の着物・振袖レンタルなら【さがの呉服店】

大阪、平野区着物振袖レンタル販売なら【さがの呉服店】へ。七五三や成人式、卒業式や結婚式など、着物・振袖のレンタル・販売なら当店をご利用ください。
卒業式の袴セットや七五三セット、振袖セットなど、サイズも種類も豊富に取り揃えております。店舗でも様々な種類の着物を販売しており、和装バッグや肌じゅばん等の小物は通販でもご購入頂けます。
また、大阪市平野区内にて出張着付けも行っております。ご予約含めお気軽にお問い合わせください。